ある日の出来事、ある日の日記

2020年3月ひな祭りと渡り鳥と冬の海の風景(忍路・積丹・新冠)そして厚真

投稿日:

2020年3月の出来事

みんがです。
早いもので、今年もまもなく3か月が過ぎて行こうとしています。
時の流れは止められませんが、
2月下旬~3月に心に残った出来事をまとめました。

3月3日は「桃の節句」お雛様に感謝

3月3日は五節句のひとつ「桃の節句」でした。
五節句とは、
1月7日「人日(じんじつ)」 =「七草がゆ」
3月3日「上巳(じょうし)」 =「桃の節句」
5月5日「端午(たんご)」  =「端午の節句」
7月7日「七夕(たなばた)」 =「七夕祭り」
9月9日「重陽(ちょうよう)」=「菊の節句」
だそうです。

お雛様の由来ですが、平安時代にも出産するというのは命がけで、
その時に命を持っていかれないように、
枕元に身代わりの人形を置く風習があり、
そのように、身代わりとなってくれる人形を「人形(ひとがた)」と呼んで、
自分の災厄を移して引き受けてくれた人形を海や川などに流す「流し雛」
という風習があったようです。
その「人形(ひとがた)」の厄祓いの行事と、
平安時代の宮中で「小さな紙の着せ替え人形」で遊ぶ「ひいな遊び」とが結びついて
「ひな祭り」になったのだそうです。
室町時代になると、紙のお人形ではなく豪華なお雛様を飾るようになり、
宮中から、武家社会、裕福な家へと広がっていき、今のひな祭りの原型が完成しました。

雛人形を飾る日と片付ける日は地域やその家によって違うようですが、
私は「雨水の日」に飾り、「啓蟄の日」にしまう事が多いです。
3月3日はお雛様のお祭り、1年間私の厄を引き受けてくれたお雛様に、
お花を飾り、甘酒やお菓子をあげて感謝しました。
ひな祭りひな祭り
来年のお雛祭りまで、ゆっくりお休みください~

これは子供の頃の思い出なのですが、
私は、雛人形の中では五人囃子になりたいと思っていて、
でも、雛人形の五人囃子はみんな男性で、
お友達の家の五人囃子はどうかと思って見ても、
五人囃子になっているのは男性しかいなくて、
女子はやっぱり3人官女になるしかないのかなぁ、と思ってあきらめた記憶が残っています。
それで、子供の頃は、雛人形を見ると少し残念なような気持になった思い出です。
今は、特に五人囃子になりたいという希望はなくなったので大丈夫です。

渡り鳥と北の海 その1~忍路・積丹

3月になり、私の住んでいる地域も、だいぶ雪が溶けてなくなりました。
そもそも、今年(2019~2020年にかけて)の北海道は、雪がとても少なかったです。
部分的にはたくさん降った地域もあるとは思いますが、
全体的には、非常に雪の少ない冬だったと思います。

季節が移りかわっていく事は、身の回りのいろいろなものから感じ取るのですが、
「群来」というのも季節の移り変わりの使者なのでしょうか。
先日、「忍路(おしょろ)の海に 群来(くき)が来たそうだよ」
と家族が教えてくれたので見てみたいと思い、車で連れて行ってもらいました。
「群来(くき)」とは、北海道の日本海沿岸にニシンが産卵のため大群で 押し寄せ、
産卵・放精によって海の色が白くなる現象だそうです。
忍路の海です↴
忍路の海忍路の海
曇り空で海の色も冷たい鉛色です。「群来」もどうなのかよくわかりません。
ふと見ると、海岸に沿って鴨がたくさん泳いでいました↴
積丹の海忍路の海
私は、鴨は湖や池の淡水にいるイメージを持っていたので、
鴨が海で泳いでいたことは少し意外でした。
群来は見られませんでしたが、北の海の厳しく鋭い風景は美しかったです。
忍路からさらに南へ下ると、積丹(しゃこたん)の海となります↴
積丹の海
黒い奇岩が特徴的な風景です。
今はまだ冬で、曇りだったこともあり、海は暗い色をしていますが、
夏の晴れた日には「積丹ブルー」と言われる美しい青い海が広がります。
深いところでも、海底の海藻やウニや魚の姿が上からはっきりと見えるほど
澄み切った青い美しい海なのです。
小さい頃は毎年夏休みになると、父が大きなバスを借りて来て、
親戚や友達の家族を乗せて、積丹の海にキャンプに行きました。
テントを2つか3つ張って、2日くらい泊まってキャンプをしました。
とどまることなく聞こえてくる海の波が打ち寄せ戻っていく音や、
遠くカモメが鳴いている声、焚火の火がパチパチと静かに燃えている音、
そんな音に囲まれて、
昼間は岩の陰に隠れているカニを捕まえたり、魚を釣ったり、
夜は焚火で食材を自分で焼いて食べて、花火をしたり、
そんな、日常には感じられない音や風景に囲まれて遊んだ記憶は、
私の特別な思い出になっています。
美しい積丹の海は、昔と変わらずに、
この日も私に楽しかった思い出をよみがえらせてくれました。

渡り鳥と北の海 その2~新冠・鵡川・そして厚真を忘れないように

日本海側の海と、太平洋側の海とでは、やはり雰囲気が違うと思います。
私の印象ですが、日本海側の海は、特に冬には冷たく厳しく荒々しい感じを受けます。
太平洋側の海は、同じ冬の海でも、どこか厳しくなり切れないような優しさを感じます。
これは太平洋側の海、「新冠(にいかっぷ)」の海の風景です↴
海
この日も冬の曇り空でしたが、少し光が差し込んで、
砂浜の為なのか、波の音も静かでした。
この新冠の海に向かう途中に、「鵡川(むかわ)」を通ったのですが、
初めて見る光景に出会いました↴
まがんまがん
雪のまだ残る畑に、大量の鳥が集まっていました。
調べると、「マガン」でした。
冬の間は北海道で過ごして、春になると北に飛び立つのだそうです。
もうすぐ旅立つのか、鳥たちはみんなそわそわしているように見えました。

この日の目的地は新冠だったのですが、
用事を済ませて帰る頃には夕方近くになってしまいまいた。
来た道を車で戻っていたのですが、行きなれていない方面だったことと、
夕方で暗くなり始めていとことが重なって、
厚真(あつま)で道を間違えて迷ってしまいました。

途中で、道に迷ったことに気が付き、
ナビゲーションですぐに帰り道は検索できたのですが、
その時には、厚真町の山沿いの地区に入って行ってしまっていました。
畑の上の山の斜面が崩れ、土がむき出しになっている横を細い道路が通っていました。
崩れた土を整備している重機がたくさんあり、通る車はほとんどが大きなトラックです。
暗くなっていたのに、まだたくさんのトラックが、作業の為なのか行き来していました。
2018年9月6日に発生した、北海道胆振東部地震の復興作業だとわかりました。

あの地震からまもなく1年半が過ぎようとしていますが、
日が暮れて暗くなっても、まだ作業現場でたくさんの人が働いていて、
きっと、住民の方の中にはまだ生活が不自由な方もおられるだろうと思いました。
被災した方がいたことを忘れていたわけではありませんが、
実際に崩れた山を自分が目の当たりにして、
細い道路を土ぼこりをあげて通り過ぎるトラックを見て、
地域の方々も大変だろうし、復興作業で働いている方もいて、
まだこうして頑張っている人がたくさんおられることを再認識しました。

今世界は、新型コロナウィルスのニュースであふれています。
特に、マスクがない、紙類がない、
足りないことをクローズアップするニュースがたくさん報道されます。
でも、自分だけが足りないのではなくて、
知り合いの看護師さんから、病院のマスクの在庫がなくて、
2日に1枚しか使えず、間もなく在庫もなくなると聞きました。
人を助ける為に病院で働いている人たちが、2日に1枚のマスクしかなくて、
本当に汚染から身を守れるのか心配になりました。
たくさんの人が、大変な中で誰かの為に働いていることを、
ニュースがもっと知らせてくれたらいいのにと思います。

世の中には、まだ今も震災や災害の後に不自由な生活をされている方々や、
災害の復興の為に一生懸命働いている方々や、
マスクがなくても病院で人々の治療にあたっている方々がいることを、
忘れてはならないと思いました。

大変な状況でも頑張っている人がたくさんいるということをみんなが思い出したら、
足りないものを奪い合ったりしないで、困った時には助け合っていた
以前の日本の社会ように、周りへの感謝や人を思いやる雰囲気が、
また戻ってきてくれるのではないかと、そんな思いでいます。

祈る事しかできませんが、
被災地の復興と、世界的な感染症の蔓延の終息を願って止みません。
東慶寺お地蔵様

-ある日の出来事、ある日の日記

Copyright© 中国琵琶pipa音の縁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.