ある日の出来事、ある日の日記

2020年春節の演奏準備と厳しくも美しい冬

更新日:

2020年春節快楽!

みんがです。
間もなく春節ですね。
春節は中国の旧歴のお正月で、日にちは旧暦のこよみ(農歴)で決まるので、
西暦のカレンダーのお正月の1月1日とは異なり、
その年によって毎年変わっていきます。
今年は1月24日が大晦日で、旧正月は1月25日のようです。

私は、中国留学中も、春節を中国で過ごしたことはありませんでした。
理由は、学校の夏休みと冬休みには日本に帰国して、
次の学期の学費と生活費を用意するために、
必ず2か月間はアルバイトをしていたので、
冬休みの間にある春節の時期には、いつも日本で働いていました。
もしその時にアルバイトをしてなければ次の学期の費用がなくて、
留学の継続自体が出来なかったので仕方のなかったことなのですが、
今になって考えてみると、
一度くらい本場の春節を経験してみれば良かったと思っています。
でも、そうやって一生懸命自分で働いて準備したお金だったから、
留学中に少しくらい嫌なことがあっても、
投げ出さずに頑張ることができたのかも知れません。

さて、まもなく今年2020年の春節ですが、
私の今年の演奏仕事初めは、春節のお祝いでの二胡の伴奏となりました。
当初の予定では、2月上旬にこちらのホテル↴
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/info_restaurant/508
での演奏が仕事初めの予定だったので、
昨年12月頃から2月上旬まではこれといって演奏予定がなかったために、
ちょっとした冬休み気分に浸っていて、
久しぶりに仕事とは関係ない、自分がやりたい曲などを練習したり、
演奏以外でも普段できなかったことをやったりしていたところでした。
気のゆるみがあったところでの春節のお祝い演奏の件は、
もともとの2月の演奏の準備も手を付けていなかったことも重なり、
すっかりあわててしまいました。

演奏内容としては二胡の伴奏なのですが、
その伴奏用の楽譜というのが中国琵琶のものはほとんどない為、
練習を始める前には伴奏を自分で作る作業から始まります。
楽譜はこのようになっています↴
中国琵琶伴奏譜
まだ手直し中ですが、
なんとか二胡と合わせる日には間に合いました。

ついこの間は1月7日の春の七草でしたし、さらに間もなく春節と聞くと、
雰囲気としては春めいたような気分にはなるのですが、
現実では、こちらはまだ冬一色です。

下の写真は、春の七草の日の2日後か3日後くらいに、
早朝、車のフロントガラスと車体に付いていた雪の結晶です↴
冬冬
雪の結晶がきらきらとして、とても綺麗です。
車の温度計の外気温はマイナス14度でした。とても冷え込んでいました。

冬冬
ナナカマドの実の赤と雪の白と空の青が鮮やか。山の針葉樹の上にも雪が降り積もっています。

冬冬
夏は緑の作物でいっぱいの畑の上も、一面に白い雪が。

冬は寒くて雪もあって、生活には大変なこともあります。
けれど、自然の中を見ると、厳しさと同時に美しさを感じます。
私が演奏の中で表現できたらいいな、と思うのは、
冬の景色の写真のように、
受けとる側が、雪が綺麗だと思うのか、
寒くて冷たくて嫌だと思うかはそれは自由ですが、
けれど、何かそういう自然の中の雪や光を感じた時に、
美しいなあ、という気持ちが自然とわいてくるような、
そんな演奏ができるようになりたいと思っています。
実際に出来るようにるかは、自分の努力次第だと思うので、
やはりいつも油断しないで、怠けずに日々練習しておかないといけないなあ、
と新年早々ではありますが、反省しています。

それでは、2020年の春節
祝大家春節快楽!
万事如意!

どうぞ、皆様が春節を楽しくすごされますように、
万事が思うようにはかどりますようにお祈りいたします!
春節

 

-ある日の出来事、ある日の日記

Copyright© 中国琵琶pipa音の縁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.