お役立ていただければ幸いです

「道の駅あびらD51ステーション」素敵だったのでご紹介します

道の駅あびらD51ステーション

みんがです。
2020年9月に立ち寄った、北海道の安平町にある「道の駅あびらD51ステーション」
が素敵だったので、ちょっとご紹介したいと思います。

道の駅あびらについて

「道の駅あびら D51ステーション」がオープンしたのは2019年4月19日だそうです。
所在地は
〒059-1921 北海道勇払郡安平町追分柏が丘49−1
です。

公式ページのアクセスはこちらです↴
https://d51-station.com/access/

国道234号線沿いにあります。
目印は下の看板です↴
あびら道の駅D51ステーションあびら道の駅D51ステーション
「D51」と言うのは、国鉄D51形蒸気機関車の愛称で、「デゴイチ」と読むのだそうです。

下の写真が「道の駅あびら」です↴
あびら道の駅D51ステーション
直売所、売店やトイレ、資料館などを併設した施設になっています。
あびら道の駅D51ステーション

新鮮野菜が買える農産物直売所「ベジステ」

向かって右側の建物が地域の新鮮野菜を販売する農産物直売所「ベジステ」です。
地元や近隣市町の朝もぎ野菜や、ジャムや瓶詰めなどの各種加工品を販売しています。
※営業は4月〜10月のみとなっています。

下の写真は農産物直売所「ベジステ」で購入した野菜です。
あびら道の駅D51ステーション
野菜はどれも新鮮で、美味しいです。
値段は、その時の収穫や野菜の種類にもよると思いますが、
同じ野菜で比べるとスーパーより高いということはないです。

さらに、スーパーなどではあまり見かけない種類の野菜もあります。
この日は、「つるむらさき」という葉物野菜が珍しかったので買ってみました。
くせのない味で、刻むと粘りが出て独特の食感になります。
上の方に映っているのは、特産品・ベーカリーコーナーで購入したパンです。

特産品・ベーカリーコーナー/テイクアウトコーナー

施設の中央部分は、お土産物屋さん、パン屋さん、
ご当地ソフトクリームやカレー、各種ドリンクのテイクアウトコーナーとなっています。
あびら道の駅D51ステーション
こちらのパン屋さんは、約40種類の焼き立てパンを売っています。
小麦の味が香ばしく、とても美味しいです。
隣は、飲み物やソフトクリームのお店です。
イスとテーブルもあるので、そこで食事をしたり休むこともできます。
あびら道の駅D51ステーション
おみやげ物は、珍味や乳製品など北海道の特産品もありますが、
D51にちなんだものが特徴的でした。
あびら道の駅D51ステーションあびら道の駅D51ステーション

D51鉄道資料館/SL倉庫

施設の向かって左側は、鉄道資料館となっています。
外にも列車が展示されていました。
あびら道の駅D51ステーション

D51は、SL倉庫の中にあります。
10月までの第二、第四日曜日(雨天中止)は屋外展示も行っているそうです。
屋外展示のスケジュールや臨時休館日、展示中止日などは、
こちらの公式ページで確認できます⇒https://d51-station.com/museum/
あびら道の駅D51ステーション
この日は、たまたま車両整備の為、倉庫内に入る事が出来なかったので、
ガラス越しの写真です。

あびら道の駅D51ステーション

資料館の方は、自由に見る事ができます。
あびら道の駅D51ステーション

鉄道関連のグッズや、古い鉄道に使用されていた物品などの販売もされていました。
あびら道の駅D51ステーションあびら道の駅D51ステーション
あびら道の駅D51ステーションあびら道の駅D51ステーション
安平町と鉄道の歴史なども、パネル展示で紹介されています。
あびら道の駅D51ステーション
私は、本物の蒸気機関車が動いているところは見たことはありませんが、
倉庫に保存されて展示されているD51の姿は、
黒光りした鋼の直線と曲線のコントラストが美しく、芸術品のようでした。
さらに当時は、昔の北海道の厳しい自然の中で、たくさんの人や貨物を運んでいた
と思うと、尊敬の思いも湧きます。

「道の駅あびら D51ステーション」は、素敵な道の駅でした。

-お役立ていただければ幸いです

© 2020 中国琵琶pipa音の縁 Powered by AFFINGER5