中国琵琶pipa音の縁へようこそ

中国琵琶の写真
はじめまして、みんが です。

私は、中国伝統楽器の中国琵琶(pipa)が大好きで、2001年から2003年まで中国瀋陽音楽学院
留学して、民族器楽科の劉教授から中国琵琶を学びました。
現在は、中国琵琶の演奏の仕事をしています。

最近は、日本でも中国琵琶、二胡、笛子、古筝といった中国の伝統楽器を学ぶ人も増え、
日本国内にも中国琵琶教室が出来ましたが、
私が勉強をはじめた当時は、身近には中国琵琶の先生はいませんでした。
私は、基礎の部分は独学ではなくて先生から教わりたいと考えていたので、
中国に留学するという方法を選択しました。

下の写真は2003年頃中国瀋陽音楽学院の正門の入口です。
地元では、学院の入り口の事を、大門口(da  men kou)と呼んでいました。
瀋陽音楽学院大門口
学校の正面側の通りには、楽器屋さんや楽譜屋さんがありました。

下の写真は、瀋陽音楽学院の裏門から出てすぐにある、
市場や食堂が多く軒をそろえている道路です。
地元では、后街(hou jie)と呼ばれていました。
路上の市場には、リヤカーで売りに来る果物売りの人、
お弁当屋さん、肉まんや串焼き売りの屋台などもありました。
瀋陽音楽学院后街
写真で手に持っているのは、小さいですがザクロです。
市場では、買い物をする時に中国語話す事で中国語の訓練にもなりました。

このようなお店や屋台や路上販売をしていた人達は、
私が買い物に行くと覚えていて下さり、外国人の私にも笑顔を向けて下さり、
「外国から遠く故郷を離れて、中国まで来て中国琵琶を学びに来てくれたのだから嬉しい」
と言って、親切に優しく接してくれました。

もちろん、生活する中で時には騙されたり、差別されたり、
困らされたりした事もあります。
でも、結果としては無事に学業を終えて帰国する事ができました。
本場で、中国琵琶の基礎と同時に、中国語も学ぶ事ができたのは、
留学中にたくさんの人が助けて下さったおかげでした。

下の写真は、瀋陽音楽学院の中にある中国庭園で映しました↴
瀋陽音楽学院庭園

下の写真は、瀋陽市にあるキリスト教教会(天主教教堂)です。
瀋陽市天主教教会
重厚な石造りの、とても趣のある建造物です。
このような環境の中で、2年間中国琵琶を学びました。

2003年に留学を終えて日本に帰国した後は、
10年程は、他の仕事をしながら演奏活動を行い、
2012年頃から、主にホテルのレストランやイベントでの演奏、
二胡、古筝、揚琴、笛子などの中国民族楽器のとの合奏、
日本のお琴やピアノとの合奏、朗読とのコラボレーション演奏などを行っていて、
時々なのですがホールの演奏会もしています。

時代とともに情報が多様化して、いろいろな国の伝統音楽を聞く機会も増えましたが、
私が日本で中国琵琶を演奏をする時に感じることは、
日本では、中国琵琶についてはまだまだ知らない人がたくさんいるということです。

中国琵琶は、曲や音色や歴史や演奏技法も本当に魅力的な楽器です。
私は、中国琵琶の音色はこんなに美しいのだから、
もっとたくさんの方に知っていただきたいと思っていました。
でも、自分が与えていただいている演奏の機会の範囲では、
「たくさんの方にご紹介したい」という思いには全く力が足りないと感じていました。
そこで、ブログという方法でも発信していくことにしました。

中国琵琶の音はこのような感じです↴


伝統的な曲以外にもいろいろ弾けます↴

今までたくさんのご縁をいただき中国琵琶を勉強し、演奏させて頂く事が出来ました。
音楽によって結ばれたに感謝して、
音楽を大切にしたいという思いからサイト名に「音の縁」とつけました。

ご訪問いただきましてありがとうございました☆

更新日:

Copyright© 中国琵琶pipa音の縁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.