蟠桃の四季

【蟠桃】桃の枝の剪定方法について残す枝と切る枝の選別方法と切り口の保護について

蟠桃の秋の剪定~残す枝と切る枝の選別方法と切り口の保護について

今日は2021年11月1日、蟠桃を栽培している地域は札幌です。
10月から急に寒くなり、10月下旬には最高気温が15度まで上がらない日が多くなりました。
外の気温が15度以下になると、桃の葉も徐々に落ち始め、この数日で蟠桃の葉も9割ほど落ちたので、来年の収穫の為に不要な枝の剪定をする事にしました。
この記事は、蟠桃の枝の剪定の時に、残した方がいい枝と、切っても大丈夫な枝、剪定後の切り口の保護についてまとめています。

剪定の時期と切る枝の優先順位

【剪定の時期】
桃の剪定を行う時期は、春であれば新芽が芽吹く前に、秋であれば葉が落ちてから行います。
理由は、葉がたくさんついて木が成長している時期は、葉に水分を運ぶため、枝の中にも水分が多くなっており、その時期に剪定することによって、枝の切り口から水分が出てきて枝が腐ったり、病気になったりしやすいからです。
【どんな枝を剪定するか】
基本的には、その年に出たばかりの若い枝は、そのまま残しておきます。切るのは2年目以上の枝で、その枝から細かく枝分かれして生えている枝を整えていきます。
まずは、まっすぐ上に向かって伸びている枝を切ります。このような枝は、枝同士の日当たりや風通しを悪くするので、整えておきます。
蟠桃剪定方法
蟠桃剪定方法
次に、伸びすぎた枝の先端を整えます。
下の写真は、先端が3つに枝分かれしているので、1本だけ不自然な方向に伸びている枝を切りました。
蟠桃剪定方法
枝の先端部分の剪定の注意点としては、枝の先に葉芽が完全になくなる位置で切ると、その枝は枯れてしまうので必ず葉芽を残すようにします。

剪定後の枝切り口の保護

剪定後は、枝の切り口が腐ったり、病気の発生を防ぐため、切り口を保護する癒合剤を塗布しておくことをお勧めします。
今回は、住友化学園芸の「トップジンMペースト」を使用しました。
蟠桃剪定方法
商品説明では、『剪定・整枝時の切り口、胴枯病などの病患部を削り取った後の傷口に塗ることにより、病原菌の侵入を防ぎ、枯れ込みを防止し、切り口の回復を早めます』となっています。
チューブ入りなので、切り口に直接塗布しても良いそうですが、形状が少し水っぽくて垂れやすいため、容器にあけて爪楊枝で塗布することにしました。
蟠桃剪定方法
枝を切った切り口に塗布しました。
蟠桃剪定方法
しばらくすると固まります。
蟠桃剪定方法
剪定終了です。枝同士の間隔が広くなり、風通しが良くなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トップジン M ペースト(100g)
価格:755円(税込、送料別) (2021/11/2時点)

-蟠桃の四季

© 2021 中国琵琶pipa音の縁 Powered by AFFINGER5