ある日の出来事、ある日の日記

2019年11月1日 横浜中華街でチャイナドレスを買いました☆

2019年11月1日 横浜中華街で中国琵琶演奏用のチャイナドレスを購入

みんがです。

横浜中華街は、本当にたくさんのお店が軒をそろえていますね。
飲食店や雑貨屋さん、茶館と併設されたお茶屋さん、占い、中華食材のお店、
衣類を売るお店、お土産屋さんなど、数え切れないほどです。
でも、全体の面積としてはそれほど広くないとは思うので、
ゆっくり歩いても1時間くらいあれば一周出来てしまうのではないでしょうか。
横浜中華街の公式ページ⇒https://www.chinatown.or.jp/

この日は、次の演奏の時に着る衣装を、横浜中華街に探しに行きました。
今までは、演奏用の衣装は、上海か瀋陽に行ってオーダーメイドで作ったり、
インターネットからオーダーしたりして作っていましたが、
最近急に体重が少し(というか、少しよりもう少し…)増えたので、
なんと、以前オーダーメイドで作ったドレスが入らなくなってしまって…(涙)
かといって、次の演奏予定に間に合うようにはオーダーして仕立てる時間もなくて(涙)
それで、既製品のドレスなら仕立てる時間がなくても間に合うと思い、
すがる思いで中華街に来てみました。

これは、中華街のシンボルとも言える「關帝廟」です↴
横浜中華街
「關帝廟」が横浜に開かれて約150年になろうとしているのだそうです。
日本が開国し横浜の港が開かれたのが幕末の1859年。
初代の關帝廟は1862年に横浜にお祀りされたそうです。
はじめは祠(ほこら)のようなものだったようですが、
後に華僑の募金により大きな寺院となりました。
赤や黄色の鮮やかな装飾が美しく独特で、中華街の雰囲気が満点です。

これは、横浜中華街の關帝廟通りです↴
横浜中華街道

この關帝廟通りから、南門シルクロードという通りに出てすぐに、
今回の中華街訪問の目的のチャイナドレス店がありました。
お店の写真は撮り忘れてしまいましたが「チャイナハウスカモメ」というお店です。
1階にパワーストーンショップを併設しています。
チャイナハウスカモメ⇒https://www.f-kamome.co.jp/

今回購入したドレスは既製品の膝下丈のワンピースタイプで、
お買い得になっていたので1着約4000円でした。
こちらのお店では、既製品でもミニ丈やロング、
ブラウスタイプの物、ツーピースタイプなどたくさんありましたが、
オーダーメイドも取り扱っているようです。
これは緑系のチャイナワンピース↴
チャイナ緑横浜チャイナドレス表

襟の部分です↴
横浜チャイナドレス襟

これは赤紫系のチャイナワンピース↴
チャイナ紫横浜チャイナドレスピンク色

襟の部分です↴
横浜チャイナドレス襟

演奏すると汗をたくさんかくことが多いので、
できれば自宅でお洗濯できる方がいいと思い、お店の方に相談してこの生地にしました。
裏地が付いていないドレスは自宅でもお洗濯できるのだそうです。
購入したドレスのお洗濯表示も手洗い可能となっていましたが、
1回の着用でだめにしても悲しいと思ったので、
初めのお洗濯は念のためクリーニング屋さんに出しました。
まずは、直近の次の演奏(11月20日と21日と24日)にはなんとか間に合いました。
演奏で着用した感じです↴
2019インターナショナルウィークインターナショナルウィーク2019
この時の演奏の詳細は下の記事にあります↴

横浜中華街訪問の2日前には、中国楽器の販売をされているお店にも行ってきました。
「中国屋楽器店」というお店です↴
中国屋楽器店

入口を入ったら、すぐに二胡の音が聞こえてきました。
教室も併設されているようで、レッスンの音だと思ったのですが、
レッスンの音と混じって、もう1つの二胡の音色が聞こえます。
しばらく立ち止まって聞いていました。
入口の横の壁に張り紙があり、店舗は2階と表示されていたので、
2階に上って行くと、二胡の音色が大きくなりました。
楽器を販売している部屋に入ると、お店の方が弾いていた二胡の音色でした。
とても上手でした。

お店の中は二胡がたくさん。
中国屋楽器店二胡
他には、中国琵琶、古筝、柳琴、馬頭琴、中阮なども扱っていました。
中国屋楽器店商品
最近は二胡を取り扱っている楽器屋さんは多くなったのですが、
このようにたくさんの中国伝統楽器を販売しているお店は少ないと思います。
販売用の中国琵琶も見せていただきましたが、きちんと製作された楽器だと感じました。
中国屋楽器店→http://dosodo.co.jp/

中国琵琶の写真
中国琵琶pipa音の縁[カテゴリー別もくじ] 

中国琵琶(pipa)をご紹介します! はじめまして、みんがです。 私は、2001年~2003年まで中国瀋陽音楽学院に留学していました。 留学中は、民族器楽科の劉剛氏に師事し、 中国の伝統楽器である中国 ...

-ある日の出来事、ある日の日記

© 2020 中国琵琶pipa音の縁 Powered by AFFINGER5