演奏方法について

中国琵琶を演奏する時の衣装、チャイナドレスの選び方のポイント

中国琵琶を演奏する時のチャイナドレスの選び方のポイント

みんがです。
この記事は、中国琵琶の演奏をする時に着る衣装(チャイナドレス)について、
主なドレスのタイプと特徴着用時に注意したほうが良いと思う点
着用に適した環境などについて写真を使って説明しています。
後半に、それぞれのチャイナドレスを購入した場所の情報も記載しました。

チャイナドレスとは

日本でチャイナドレスを指す服飾の事を、中国語では旗袍(qi pao)と言います。
チャイナドレスというのは和製英語なのだそうです。
旗袍(チャイナドレス)は満州人の貴族の衣装「旗装」がもとになり、
20世紀以降西洋の服の製法を吸収し、女性の衣服として定着していきました。

もととなった「旗装」は満州族の男性の上着で、下にズボンを履いて着用していたようです。
満州族は騎馬民族で、上着の横のスリットは、馬にまたがる時に足を両側に出す為で、
高い襟と前後に垂れる上着の長い裾は、防風や防寒の役割を持っていたそうです。
清王朝時代に入ってから、満洲民族の旗装と漢民族の漢服の融合が進み、
時代の流れとともに、現在のようなチャイナドレスとなっていきました。

チャイナドレスの基本型はくるぶし丈で、スリットの位置は膝下でしたが、
1980年代頃から、政府の公式なイベントなどでも高い位置からスリットの入った
女性の美しさを見せる華やかな衣装が着られるようになり、
現在は多様化して、スリットのないAラインドレスやミニ丈など、様々なデザインが見られます。

スリットのあるチャイナドレス

下の写真は両サイドにスリットのあるドレスの例です↴
チャイナドレスチャイナドレス
このデザインはシンプルで、
シルエットもすっきりとして見える利点があります。

演奏する時に注意する点は、足の露出の割合だと思います。
高い舞台の上などで演奏する場合には、
お客様の目線が舞台の下から上に見上げるような形になるので、
自分が思った以上に太腿の裏側などが見えてしまっている場合があります。

演奏者とお客様の目線が平行になるような位置関係なら、
こちらの写真のように↴
チャイナドレス
スリットのあるチャイナドレスでも、あまり足の露出は気にならないかと思います。

Aラインのロングチャイナドレス

下の写真は、ロング丈のAラインデザインのドレスです。
チャイナドレスチャイナドレス
このタイプの衣装の利点は、下半身の身体のラインが目立たないので、
体型の影響を受けずらいことと、足の露出を気にせずに演奏できる事です。

着用時に注意する点ですが、このデザインは衣装の裾が広いので、
椅子に座るとドレスの後ろ側の生地を靴の踵で踏んでいることがあります。
衣装の裾を踏んだまま、演奏を終えて勢いよく立ち上がると、
後ろ側の生地を破ってしまう恐れがあります。
演奏を終わって立つ時は、生地や裏地を靴の踵で踏んでいないか、
気を付けながら立ち上がると良いと思います。

マーメイドラインのロングチャイナドレス

マーメイドラインは、裾が魚の尾びれの形のようなデザインになります。
着用感はAラインのチャイナドレスとほとんど同じだと思います。
チャイナドレスチャイナドレス
マーメイドラインの特徴としては、膝のあたりで生地が一旦細くなっているので、
歩く時は、どうしても歩幅が狭くなってしまいます。
ホテルでの演奏の仕事などは、場合によって長い距離バックヤードを歩く事もあり、
現場の進行を見て時間調整で呼ばれたりする場合には、
急いで歩かないとならない時があるので、
重い楽器を持ちながら狭い歩幅で歩行するのは大変です。
楽屋から舞台までの移動に階段がある時も、歩きずらい衣装は適していないと思います。

ツーピースタイプのチャイナドレス

ツーピースタイプの衣装は、ブラウスとスカートに上下が分かれているので、
上着やスカートを違う色に変えたりすることで、印象を変化させることができます。
チャイナドレスチャイナドレス
また、屋外での演奏の場合などで着替えられない時や、
施設内でも楽屋がなく着替えがトイレなどになる時はツーピースタイプの衣装にして、
ブラウスの部分を家から着て行って、
現地でスカートを取り換えるだけにして着替えを簡単にできるので便利です。

短い丈のチャイナドレス

丈が短めの衣装の利点としては、動きやすい事です。
デザインが普段着に近いものもあるので、家から着ていく事もできます。
私は、会場の雰囲気にあわせて選んで着ています。
チャイナドレスチャイナ紫

写真でご紹介したチャイナドレスの購入場所

ここまでは、それぞれの衣装の特徴などをご紹介しましたが、
以下では、どこで購入したものかをまとめましたので参考にして下さい。

瀋陽市惠英旗袍

「惠英旗袍」は中国瀋陽市内にあります。
私の留学していた瀋陽音楽学院の演奏用の制服も、このお店で作っていました。
オーダーメイドも、既製品もあります。
惠英旗袍の刺繍には立体感があり、作業もとても丁寧です。
チャイナドレスチャイナドレス
「瀋陽市惠英旗袍」ホームページ⇒https://www.huiyingqipao.com/

上海辛妮服飾有限公司

「上海辛妮服飾有限公司」は上海の長楽路という通りにありました。
完全オーダーメイドでドレスを作るには7日~10日ほどの日程が必要で、
上海での際滞在期間中に完成が間に合わない時は、
仮縫いだけして、完成したら日本に郵送してもらう事にしていました。
その際、上海辛妮服飾有限公司は伝統のある有名店だったので、
後から品物を送ってもらう場合に信頼できると思い、ここでオーダーしていました。
チャイナドレスチャイナドレス
生地は主に蘇州のものでした。
綺麗な色が多く、生地も良いので気に入っていましたが、
現在はホームページもなくなっており、閉店した可能性が大きいです。
でも、上海の長楽路には他にもたくさんのチャイナドレス店がありますので、
長楽路に行けば、オーダーメイドにも既製品の購入にも困らないと思います。

綺麗坊婚紗礼服製衣

綺麗坊婚紗礼服製衣は、中国蘇州市にあるお店です。
婚礼用の花嫁衣裳や靴、装飾品などを取り扱っていますが、
チャイナドレスも既製品、オーダーデザイン共にたくさんあります。
住所は、蘇州市金阊区虎丘海涌坊104号です。
蘇州の虎丘と言う地区は、このお店の他にも、たくさんのチャイナドレスのお店があります。
シルクの小物や、バッグ、アクセサリーなども豊富です。
チャイナドレス

チャイナドレスとアオザイKOLO

「チャイナドレスとアオザイKOLO」はインターネット通販のお店ですが、
自分で身体の数か所を計測できれば、数値を入力してオーダーメイドもできます。
生地が厚く丈夫なので、繰り返し着ても毛羽立たず、耐久性があります。
チャイナドレスチャイナドレス
「チャイナドレスとアオザイKOLO」ホームページ⇒http://www.kolo-online.com/

チャイナハウスカモメ

「チャイナハウスカモメ」は、横浜中華街にあるお店です。
下の写真は既製品ですが、オーダーメイドもやっています。
インターネットの通販もできるようです。
チャイナ紫チャイナ緑
「チャイナハウスカモメ」ホームページ⇒https://www.f-kamome.co.jp/

演奏用のチャイナドレスの選び方のまとめ

楽器の演奏をする時も、他の多くの仕事と同様にTPOに合った服装の選択が必要です。
演奏するという作業は、自分の音楽を表現するすべての要素を含めての事なので、
衣装も自分の表現の方向で決まっていくかと思います。

衣装は、見た目の色やデザインを考えて選ぶことも大事だと思いますが、
中国琵琶を演奏するのは、思ったより運動量が多いものです。
演奏中に汗をかくこともあり、あまり繊細な衣装だと汚れがダメージになって、
気に入っていても長く着れない事があります。
私は、なるべく生地の色も、汗の目立たないようなものを選択しています。

演奏用にチャイナドレスを購入する際は、
デザインの特徴や自分が演奏する時の条件などを考えて購入されると、
失敗が少なく、演奏時のストレスも少なく演奏に集中できるのではないかと思います。
このページは、チャイナドレスの機能面の事を重視した記事にしてしまいましたが、
美しい衣装を着る時というのは、緊張感もありますが、なんだか嬉しいものですよね。

-演奏方法について

© 2020 中国琵琶pipa音の縁 Powered by AFFINGER5