演奏方法について

中国琵琶の持ち方

更新日:

中国琵琶を持つ時の基本姿勢について

みんがです。
この記事では、中国琵琶の楽器の持ち方について説明しています。

椅子の選択

現代の中国伝統楽器の中では、二胡や古筝や揚琴などの奏者が、
立って演奏していることがあります。
でも、中国琵琶は重さがだいたい3~5kgもあり、
座って膝にのせているだけでも重いので、
私は今まで、中国琵琶は立って演奏するのは不可能だと思っていました。
ところがある時、いつも共演している古筝の演奏者と会った時に、
「面白いから見てごらん」と、
お正月に中国のテレビ番組で放映していたらしい
中国民族楽器の楽団の演奏の映像を私に見せてくれたのですが、
なんと、専用のホルダーとストラップのようなものを使って
中国琵琶奏者が立って演奏していました。
ついに出た!と思ったと同時に、重くて大変そうだなという思いとがありました。
立って演奏することは、演出としては動きがあり華やかで目を引くものでしたが、
私たちが毎日、基礎となる練習や演奏をする時は
基本的には座って弾いた方がよいと思います。

中国琵琶を練習するための椅子の選択ですが、
キャスターと肘掛のない椅子で、
高さは、腰かけた時に足の裏を床につけて太ももが床と平行になるか、
少しつま先を浮かせて平行になるくらい、という高さがよいです。
下の写真を参考にして下さい↴
中国琵琶椅子の高さ
太ももは床に対して平行になっています。

楽器の持ち方の角度について

椅子を選んだら、深く腰掛けずに椅子の手前の方に浅めに腰掛けます。
かと言って、あまり浅く座ると、中国琵琶の楽器自体の重さがあり、
前に倒れてしまいますので、安定して座れる程度に浅く腰掛けます。
まずは、楽器を両方の太ももの間の中央に立てて置き、
それから、自分の右の下腹部に琵琶の右の背面を少し沿わせるように、
45度くらいの角度をつけて面板の向きを正面からずらします。
楽器と自分の身体が接している部分は、
右の下腹部と太ももの楽器を乗せている部分の2か所です。
右の前胸部と背面の中央部分がわずかに接することはありますが、
押し付けるようにくっついてしまうことがないようなのが基本です。
下の写真を参考にして下さい↴
中国琵琶持ち方

楽器の頭部はやや左の方へ傾けて左手の親指を添えて支持して持ちます。
楽器の重心を、両手を一瞬離しても楽器が倒れないような位置に置くと、
左手への負担も少なく、演奏する時にも安定した持ち方になります。
下の写真は「両手を離しても楽器が倒れない」という状態の例です↴
中国琵琶演奏方法

演奏中弦やフレットを目で見る場合

弦やフレットの位置、自分の手や指の状態を目で見て確認したい時は、
基本的には、面板より前に顔を出して前からのぞきこむように見るのではなく、
面板の横斜めから見るようにします。
だんだん慣れてくると手元を見なくても弾けるようになりますが、
はじめのうちは目で確認してからでないとフレットの位置を
正しく押さえられない場合があると思いますので、
鏡を併用して確認するようにすることをおすすめします。
できれば全身を映せる鏡が良いですが、
手元だけでもいいかと思います。

私は、瀋陽音楽学院に留学していましたが、
留学生寮の部屋の壁はひとつの面が全部巨大な鏡張りになっていました。
はじめは驚きましたが、練習をはじめてみて、
音楽学院ならでは配慮で、必需品だったことがわかりました。

留学中は毎日平均5~8時間、長い時は10時間くらい練習していたので、
鏡を見て、フレットの押さえ方だけでなく、手の動き、角度や自分の表情まで、
先生に授業で言われたことと違う点を注意して練習していました。

自分にあわせた自然な持ち方

楽器の持ち方は、文章で説明しても伝わりにくいところもあるとは思いますが、
写真など参考にしてみて下さい。
私は先生から、基本的な事は決まっているけれど、
ひとりひとり手も指も身体も違うのだから、
自分にとって痛みのない角度や楽な形なのであればよいと言われました。

ただし、そう言っても「基本」には非常に厳しかったので、
やはり「基本」というものには長い歴史の中で受け継がれてきた理由があり、
おろそかにはしてはならないというところは押さえておかなければならないと思います。
ですが、無理してテキストと同じように書いてある角度通りに持ったりしても、
身体や指に負担になってはいけないので、
基本となる内容はきちんと理解した上で、
自分にあった持ち方、押さえ方をしてみて、
どこか強い痛みやこわばりが出ないか確認しながら練習をすすめて
いただきたいと思います。
特に、独学で学んでいらっしゃる方は、
手の関節や手首を痛めないように気を付けて下さい。

中国琵琶を練習しはじめのうちに、痛みが出ても自然な部分は、
左手の弦を押さえる指先、楽器を支える左腕、
右手の指の関節、右前腕、楽器を乗せる太もも、などです。
無理せず毎日少しずつ練習していけば、
左手の指先は皮膚が固まり痛くなくなりますし、
左腕の筋力がつけば痛みもなくなります。
右手の指の関節も弦を弾く力がついてくれば痛みはなくなります。
右の前腕の筋肉は、輪指を長時間練習したりするとだるくなると思います。
楽器を乗せる太ももは、慣れるというかあきらめる感じかも知れません。
楽器の重さだけは、どんなに練習しても軽くなることはないので、
仕方ないかも知れません。

中国琵琶の持ち方のまとめ

楽器の持ち方は、演奏技法の上達を左右することがあるほど
基本的なことではありますが、
関節や腱に過度な負担が生じないように、
自分自身の身体にあわせることも必要です。
できれば基本的な事は、先生に直接見てもらって学ぶことが、
上達する早道でしょうし、どこかを痛めたりする可能性も少ないと思います。

演奏方法についてはそれぞれ下の記事にまとめました↴


中国琵琶演奏方法について
中国琵琶の右手の基本的な奏法「弾」「挑」「輪指」について

中国琵琶の右手の基本的奏法「弾」「挑」「輪指」 みんがです。 この記事では、中国琵琶の右手の基本的奏法「弾」「挑」「輪指」について説明しています。 中国琵琶を弾く前の準備 まず、右手に假指甲(付け爪) ...


中国琵琶演奏方法について
中国琵琶:左手の基本動作

中国琵琶を演奏する時の左手の基本的な動作 みんがです。 この記事では、中国琵琶演奏の時の左手の基本的なフレットの押さえ方 についてまとめています。 右手の基本動作については下の記事にまとめました↴ 「 ...


中国琵琶演奏方法について
中国琵琶を弾いてみましょう「サンタクロースがやってくる」

中国琵琶pipaを弾いてみましょう みんがです。 これまでの記事で、中国琵琶の歴史、楽器の選び方、楽器の名称や構造、 弦の張り方、付け爪の付け方、調弦、基本となる奏法などをご紹介してきました。 過去の ...

サイトのもくじはこちらです↴

-演奏方法について

Copyright© 中国琵琶pipa音の縁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.