楽器について

中国琵琶の弦を張り替える方法

中国琵琶の弦を張り替える時の手順と注意点

みんがです。
この記事は、中国琵琶の弦を張り替える時の手順注意点について書いています。

楽器の構造

楽器の各部分の名称は、下の写真↴のようになっています。
中国琵琶のは、⑧覆手の部分で固定して、②琴軸まで伸ばして張り、
琴軸に巻き付けた後、琴軸を回して調弦します。

中国琵琶の構造の写真
楽器の構造についての詳しい説明は、下の記事にあります↴

弦の準備をする

中国琵琶の弦は4本です。
それぞれ違う太さの弦を張ります。
弦は、大まかに、鋼絲弦と呼ばれるスチールのままものと、
ナイロン鋼縄弦と呼ばれるスチール弦の周りにナイロンのコーティング
をしたものに区別されます。
弦の種類と特徴について、詳しくは下の記事を参考にして下さい↴

私は、4弦,3弦,2弦はナイロン鋼縄弦を使っています↴
中国琵琶の弦

1弦は鋼絲弦を使用しています↴
中国琵琶の弦
この記事では、この弦の組み合わせで説明しています。

(注意:写真のパッケージのデザインは変わる場合があるので、
弦を購入する際は、弦のタイプを確認してから購入して下さい)

弦を張る位置と弦の太さ

弦は4本それぞれ太さが違います。張る場所も決まっています。
1弦=一番細い。
2弦=1弦より少し太い。
3弦=2弦より少し太い。
4弦=一番太い。
中国琵琶弦の名称
上の写真は覆手の部分と弦を通す穴です。
向かって右が1弦で一番細く、左に向かっていくうちに太くなります。
覆手に通した弦を巻き付ける琴軸の位置は、下の写真を参照して下さい↴
中国琵琶琴軸

楽器に弦を張る手順

① 覆手に弦を固定する
弦を袋から出す前に、どこに張る弦の記号なのか袋の表記を確認しておきます。
多くの中国琵琶の弦は、保存の為にリング状に丸めて袋に入っているので、
弦を袋から出したら、折らないように気を付けてほどきます。

初めに、弦の先端が輪になっている側を覆手の穴に差し込みます。
輪になっている部分が覆手の上に出たところで反対側の端(まっすぐな方の先端)
を輪に通します。
通した弦は、途中で折り曲げないように注意しながら琴軸の方(上の方)
へ伸ばしていきます。
中国琵琶覆手中国琵琶覆手

② 山口のみぞに弦を合わせ琴軸の穴に通す
弦のまっすぐな方の先端が山口の部分まで来たら、山口の溝に弦を合わせながら、
手前側から奥へと琴軸の穴に弦の先端を差し込みます。
先端が1~2㎝ほど琴軸の穴から出ているようにします。
中国琵琶の山口中国琵琶琴軸

 琴軸に巻きつける
1~2㎝出してある弦の先端部分を、巻いていく弦で琴軸に押さえつけながら、
琴軸をまわして弦のたるみを巻き取っていきます。
中国琵琶山口
弦を巻き付ける方向は、琴軸を前面側に回すと弦はゆるみ
後面側に回すときつく張るように巻いていきます。
その時に強く張りすぎて弦を切ってしまわないように、
ゆっくりと弦のたるみがなくなるまで巻き付けます。
たるみがなくなったら、調弦の手順にうつり弦の巻き具合を調整します。
中国琵琶調弦

中国琵琶の弦の張り方の補足とまとめ

中国琵琶の弦はあまり自然に切れることはないと思いますが、
もし、本番直前などに切れてしまった場合は焦ってしまうので、
いつでも落ち着いて張り替えられるように、
普段から交換に慣れておく事が必要です。
また、交換用の弦も1セットは予備として携帯すると良いです。

弦を張り替える時期の基準は明確には決まっていないのですが、
切れない限り私は2年ほど使用しています。
弦は短い期間で新しく張り替えるよりも、
ある程度の期間使ってからの方が、音程が安定し音質も良いようです。
張り替えた直後は、弦もまだ伸び切っていないので調弦が狂いやすく、
音質も響かない傾向があります。
私の師匠は、「(弦を使い込んで)切れる前が一番音が良い」と言っていました。

ただ、あまり長期間交換しないと、やはり摩耗で演奏中に切れてしまう恐れがあります。
大切な演奏会やコンクールなどがある場合など、数か月前には日程は出ていると思うので、
弦の交換をする場合は、最低でも本番の2か月前には作業を済ませておくと良いと思います。

中国琵琶の写真
中国琵琶pipa音の縁[カテゴリー別もくじ] 

中国琵琶(pipa)をご紹介します! はじめまして、みんがです。 私は、2001年~2003年まで中国瀋陽音楽学院に留学していました。 留学中は、民族器楽科の劉剛氏に師事し、 中国の伝統楽器である中国 ...

-楽器について

© 2020 中国琵琶pipa音の縁 Powered by AFFINGER5