楽器について

中国琵琶を作る時に使われる木材(紫檀・紅木・花梨)と琴頭の装飾について

更新日:

中国琵琶を作るための木材「紫檀」「紅木」「花梨」と琴頭の装飾

みんが です。
この記事は、中国琵琶を作る時に使われる代表的な木材
「紫檀」「紅木」「花梨」の主な特徴と、
琴頭(qin tou)の装飾部分の素材と質感の違いについて書いています。

中国琵琶の構造

中国琵琶の楽器本体の共鳴部分は木で、フレット部分(品)は竹でできています。
その楽器が何の木で作られているかというのは、
共鳴部分の背面部分に使用される木材が何かということを指しています。
例えば、紫檀琴(zi tan qin)と言うと、背面の木が紫檀という事です。
共鳴部分の前面にあたる部分は、多くが桐で作られています。

中国琵琶の各部の名称は下の図を参考にして下さい↴
中国琵琶の構造の写真
中国琵琶の楽器としての音色を決める重要な要素は、楽器本体と弦です。
その他の要素としては、演奏者の技量や、付け爪の質、気温、湿度も関係します。

弦は、現代ではスチール製が一般的です。
いろいろなメーカーから販売されていて、自分の好みで張り替えることができます。
古代の中国琵琶の弦は、大きな水鳥の長い脚の健や動物の腸、絹糸などから
作られていたようです。
弦の種類について↴


弦を楽器に張る方法について↴
中国琵琶楽器について
中国琵琶の弦を張り替える方法

中国琵琶の弦を張り替える時の手順と注意点 みんがです。 この記事は、中国琵琶の弦を張り替える時の手順と注意点について書いています。 楽器の構造 楽器の各部分の名称は、下の写真↴のようになっています。 ...


付け爪について↴
中国琵琶楽器について
中国琵琶の假指甲(付け爪)の素材と装着方法

中国琵琶の假指甲(付け爪)の素材と装着方法について みんがです。 中国琵琶を演奏する時は、右手の5本の指に付け爪を付ける必要があります。 その付け爪の事を中国語では、假指甲(jia zhi jia)と ...


中国琵琶の構造と各部分の名称の詳しい説明↴
中国琵琶楽器について
中国琵琶の構造と楽器を購入する時の選び方

中国琵琶の構造と自分で楽器を購入する時のポイントについて みんが です。 この記事は、中国琵琶の構造と各部分の名称、 自分で楽器を購入する時に選ぶ時のポイントについて書いています。 中国琵琶の構造 中 ...

紫檀(zi tan)の中国琵琶

紫檀(したん)のことを中国語では「紫檀=zi tan(ズータン)」と言います。
紫檀はその漢字の示すように、紫がかった色合いをもっています。
自然のものなので木によっても色合いなどには違いはありますが、
赤紫褐色から紫色を帯びた暗褐色に黒紫色の縞模様の木目が入っています。
ローズウッドと呼ばれることもあるようです。
木質は緻密で磨くと美しい光沢が生まれます。
丈夫な為に、加工する時は難しいですが、耐朽性はあります。
楽器の他にも、高級家具材、唐木細工、ナイフの柄などにも使われます。

紫檀の硬い木質は、音色にも表れてくるように感じます。
それぞれの人の感じ方に違いはあると思いますが、
紫檀の楽器はとても澄んだ冴えるような響きがあります。
下の写真は私の使っている紫檀の中国琵琶です↴
紫檀琵琶紫檀琵琶
この写真の楽器は、塗料(ニス)でコーティングをかけているので、
本来の木の色よりはより黒く見えていると思います。
価格帯で言うと中国琵琶の中でも高い方だと思います。
約20年前の人民元の価格で、1万5千元ほどだったと思います。
現在は、地球環境や気温の変化により木材資源が枯渇していて、
良質な木材自体が希少となっているので、
楽器の価格もだいぶ値上がりしたと現地の師匠や友人が話しています。

紅木(hong mu)の中国琵琶

紅木(こうき)のことを中国語では「紅木=hong mu(ホンムー)」と言います。
マホガニー、コウキシタンとも呼ばれることもあります。
紅木はその漢字の示すように、赤みがかった色合いをもっています。
リップルマークと呼ばれる、板面に現れるさざ波の様な美しい光沢のある模様が特徴的です。
高級家具などにも使われますが、
日本では古くから三味線の棹・琴の張り板などに使われていました。
紅色の染料を採取する用途にも使われるそうです。
木質は硬く、狂いが少ない木のようです。

私の感じ方ですが、紅木の楽器の音色は共鳴が長く、
明瞭な中にも木の持つやわらかい響きがあるように感じます。
下の写真は私の使っている紅木の中国琵琶です↴
紅木琵琶紅木琵琶
価格帯は、一般的に紫檀よりは少し安い感じがあるのですが、
品質によってはその限りではありません。
20年前の人民元の価格では9千元前後でしたが、
紅木も紫檀などと同様で希少になってきているため、
良い物は手に入りずらくなっていると思います。

花梨木(hua li mu)の中国琵琶

花梨(かりん)のことを中国語では「花梨木=hua li mu(ホアリームー)」と言います。
色は、一般的に明赤色から暗色の縞を伴った暗い赤色ですが、
産地によっては黄色いものや強い赤色のものもあるようです。
木肌の表面は美しく、綺麗な光沢があります。
木質は硬くて丈夫ですが、加工は比較的容易なようです。
狂いも少なく割れる事もあまりありません。
和太鼓の木の部分や三味線なども花梨で作られています。
音質については、私の印象ですが、紫檀や紅木のように目立った特性はないように感じます。
実際に楽器の音色を聞いてみて判断する方が良いと思います。
下の写真は私の使っている花梨の中国琵琶です↴
花梨琵琶花梨琵琶
この楽器は、共鳴が少なくあまり音量が大きくないので、
舞台上では使わずに、主に家での練習で使っています。
私がこの楽器を購入した経緯ですが、
2001年から2003年まで瀋陽音楽学院に留学してた時は、
学校の夏休みと冬休みは必ず日本に帰国して、
次の学期の生活費と学費を用意する為にアルバイトをしていたのですが、
そのアルバイトの為の帰国の度に、毎回楽器を持ち運ぶのが大変だったので、
少し価格の安い琵琶を師匠に選んでもらって、この楽器を購入しました。
当時の価格で3千5百元ほどだったと思います。
価格帯としては、花梨の中国琵琶は、紫檀や紅木よりは安めだと思いますが、
楽器として音色が劣るわけではありません。

琴頭(qing tou)の装飾

中国琵琶の一番上の琴頭(qing tou=チントウ)と呼ばれる部分の装飾は、
昔は、高級な物は象牙などで飾られていたこともあったようですが、
現在では牛の角や動物の骨、軟玉という玉石などが使われています。
また、人工の練り物や木材で作られていることもあります。
役割は装飾だけなので、琴頭の材質や形状で音質が変わることはありません。
ただ、デザインとして好きな楽器を使うことは嬉しいものです。
自分の気に入った美しい楽器を使うことは、練習したい気持ちにもつながると思いますので、
楽器を選択する時には琴頭の装飾が好きかどうかも判断に入れても良いと思います。

軟玉(石)の素材↴
紅木琵琶琴頭
これは、軟玉(なんぎょく)という少し柔らかい石を加工しています。
青みがかって光沢があり、美しいです。彫刻は龍です。

ラクダの骨の素材↴
紫檀琵琶琴頭
たまに、象牙ですか?と聞かれることもありますが、
ラクダの骨で作った装飾です。龍の彫刻です。

人工の素材↴
雑木琵琶琴頭
これは、人工の素材で作られています。
見た感じはラクダの骨に近いと思います。
花の彫刻です。
この楽器の琴頭は上部が角のようになっているデザインですが、
上海や蘇州など南の地方の楽器に多く見られる形です。
軟玉やラクダの骨の素材で紹介した上部が丸くなっているものは、
北京で多く作られています。

中国琵琶を作る時に使われる木材(紫檀・紅木・花梨)と琴頭の装飾についてについてまとめ

この記事では、中国琵琶を作るのに使われる代表的な木材
「紫檀」「紅木」「花梨」について書きましたが、
参考にした資料や教本の中には「黒檀」で作った楽器もある
と書いているものもあったのですが、
私は今まで、実際に楽器屋さんで黒檀の中国琵琶を売っているのは見たことがありません。
他には、雑木という種類のはっきりしない木で作られた楽器もあります。

楽器を作る為に使われる質の良い木材が、世界的に減少してきているという事は、
演奏家をしている友人や、師匠からも言われています。
これから中国琵琶を習い始めようと思っている方が、
もしも縁あって質のよい楽器と巡り会って手に入れることができたら、
貴重な木材でつくられた楽器は、金銭的な価格に関わらず、
ひとつひとつの楽器がかけがえのない財産なのだと思い大切にして頂けたらいいと思います。

中国琵琶の写真
中国琵琶pipa音の縁[カテゴリー別もくじ] 

中国琵琶(pipa)をご紹介します! はじめまして、みんがです。 私は、2001年~2003年まで中国瀋陽音楽学院に留学していました。 留学中は、民族器楽科の劉剛氏に師事し、 中国の伝統楽器である中国 ...

-楽器について

Copyright© 中国琵琶pipa音の縁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.